コーヒーの種類ってどのくらいあるかわかりますか?作り方が少し違うだけで種類が変わっていくので、意外とわからないですよね。

結論から言うと

コーヒーの種類の違いはドリップコーヒーとエスプレッソ分けられます。

ドリップコーヒーを作る時に複数の豆を使用するとブレンドコーヒーになり、浅く焙煎したコーヒー豆で淹れたコーヒーをアメリカンコーヒーになります。ドリップコーヒーを作る時に使用した豆や作り方によって種類が違ってきます。

もう1つが専用の道具を使用して作られたエスプレッソ。そのエスプレッソに泡立てた牛乳を加えるとカプチーノ。エスプレッソにミルクとチョコレートシロップを加えるとカフェモカになります。

このページではコーヒーの種類の違いや味などを出来るだけわかりやすいようにまとめてみました。初心者の方でもわかりやすいように細かい部分は出来るだけカットして、画像を使用してわかりやすく説明します。

続きを読む