いまさら聞けない!コーヒーの種類の違いや味まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コーヒーの種類ってどのくらいあるかわかりますか?作り方が少し違うだけで種類が変わっていくので、意外とわからないですよね。

結論から言うと

コーヒーの種類の違いはドリップコーヒーとエスプレッソ分けられます。

ドリップコーヒーを作る時に複数の豆を使用するとブレンドコーヒーになり、浅く焙煎したコーヒー豆で淹れたコーヒーをアメリカンコーヒーになります。ドリップコーヒーを作る時に使用した豆や作り方によって種類が違ってきます。

もう1つが専用の道具を使用して作られたエスプレッソ。そのエスプレッソに泡立てた牛乳を加えるとカプチーノ。エスプレッソにミルクとチョコレートシロップを加えるとカフェモカになります。

このページではコーヒーの種類の違いや味などを出来るだけわかりやすいようにまとめてみました。初心者の方でもわかりやすいように細かい部分は出来るだけカットして、画像を使用してわかりやすく説明します。

ドリップコーヒーを作る時の豆や作り方で種類が変わる

冒頭でも説明しましたが、コーヒーの種類の違いは使用した豆や作り方で決まります。複数のコーヒー豆で淹れるとブレンドコーヒー。浅く焙煎したコーヒー豆で淹れるとアメリカンコーヒーになります。それぞれのコーヒーの種類の違いと味の特徴をまとめました。

種類の違う豆で淹れた「ブレンドコーヒー」

種類の違う豆を使用して淹れたコーヒーのことをブレンドコーヒーと言います。ブレンドコーヒーはお店によって配合が違うので、お店独自の味を楽しむことができます。ちなみにコーヒー豆は農作物なので品質や価格を安定させる目的がブレンドにはあります。

1種類の豆で淹れた「ストレートコーヒー」

1種類の豆を使用して淹れたコーヒーをストレートコーヒーと言います。ストレートコーヒーは豆を1種類しか使用しないので、豆本来の味を味わうことができます。有名な種類が

  • 酸味、苦味、コク、香りなどバランスがとれたキリマンジェロ
  • 酸味と甘みがちょうど良いブルーマウンテン
  • フルーツのような甘みが特徴のハワイコナ

がよく飲まれています。

浅く焙煎した豆で淹れた「アメリカンコーヒー」

浅く焙煎した豆を使用して淹れたコーヒーをアメリカンコーヒーと言います。アメリカンコーヒーは他のコーヒーと比べて酸味は多いので苦味が少なくてとても飲みやすいです。

ドリップコーヒーと同じ量の牛乳を加えた「カフェオレ」

ドリップコーヒーと同じ量の牛乳を加えたコーヒーをカフェオレになります。カフェオレはドリップされたコーヒーに牛乳を加えるので、コーヒーの苦味に牛乳のまろやかさが加わって美味しくなります。ちなみにカフェオレとコーヒー牛乳の違いは、どちらをメインにするかで種類が違うそうです。コーヒーに牛乳を淹れるとカフェオレ、牛乳にコーヒーを加えるとコーヒー牛乳になります。

専用の道具で豆に圧力をかけ抽出した「エスプレッソ」

専用の道具で豆に圧力をかけて一気に抽出したコーヒーをエスプレッソと言います。一気に排出されるため旨味だけを引き出して、深いコクを味わうことができます。他の種類のコーヒーより濃くて苦いイメージがありますが、プロが淹れたエスプレッソは苦味や甘み、酸味がバランスよく味わうことができます。

エスプレッソに牛乳やチョコレートなどを混ぜると種類が変わる

エスプレッソに牛乳やチョコレートなどを加えると種類が変わります。専用の道具で作られたエスプレッソは旨味と深いコクを味わうことができ、その旨味と深いコクに牛乳やチョコレートなどを加えるとそれぞれの味が引き立ちます。

エスプレッソに多く牛乳を加えた「カフェラテ」

エスプレッソに多くの牛乳を加えるとカフェラテになります。他のエスプレッソと違い味はエスプレッソの旨味と深いコクを牛乳でまろやかにして深い味わいになります。エスプレッソと牛乳の割合は1 : 4が一般的です。

エスプレッソに泡立てた牛乳を加えた「カプチーノ」

エスプレッソに泡立てた牛乳を加えるとカプチーノになります。他のエスプレッソと違い味はエスプレッソの旨味や深いコクに泡立てた牛乳を加えることによってよりまろやかさが際立ちます。牛乳を泡立たせる方法としてエスプレッソマシーンを使用したミルクスチームが一般的で、エスプレッソの表面に泡立てた牛乳が浮かびます。

エスプレッソに少量の泡立てた牛乳を加えた「カフェマキアート」

エスプレッソに少量の泡立てた牛乳を加えるとカフェマキアートになります。他のエスプレッソと違い味はエスプレッソの旨味と深いコクに少量の泡立てた牛乳を加えると、エスプレッソの旨味と深いコクが際立ちます。

エスプレッソにミルクとチョコレートシロップを加えた「カフェモカ」

エスプレッソにミルクとチョコレートシロップを加えたのがカフェモカになります。味はエスプレッソの旨味と深いコクがミルクとチョコレートシロップが加わることでより濃厚になり、甘みが引き立ちます。エスプレッソとミルクとチョコレートシロップの割合は1 : 4 : 適量が一般的です。

一般的なコーヒーの種類とは違う

コーヒーと並んでメニューにあるけど、一般的ではない種類を簡単に紹介していきます。

スタバだけの商品「フラペチーノ」

フラペチーノはスターバックスオリジナルの商品で、内容はコーヒーとミルク・クリームを氷と一緒に攪拌させたコーヒー飲料です。今では果汁やミルク・クリームを氷と一緒に攪拌させた商品も出ています。

コーヒーの種類ではない「ココア」

ココアはコーヒーではありません。ココアはカカオ豆を使用したチョコレートに分類されます。

コーヒーの種類のついでに豆知識

コーヒーの種類の違いを見ているとさまざまな専門用語が出てくるので、ここで簡単に説明してます。

焙煎(ばいせん)

焙煎とはコーヒー豆を煎ること

ドリップ

フィルターを使用してろ過しながらコーヒーを抽出すること。

コーヒーの種類の違いのまとめ

いかがでしたでしょうか?コーヒーの種類の違いを出来るだけわかりやすく画像を使用してまとめて見ました。細かい部分を言うと専門的になってしまうので、一般的に疑問に思ったことだけを簡単にまとめて見ました。コーヒーの種類を覚えてカフェにいくとより一層楽しくなると思います。

 

SNSでもご購読できます。